ジニエブラの授乳ブラジャーを購入してみた情報!

ジニエブラで授乳/授乳中に授乳ブラとして使える?

「マタニティブラって楽チンだけど、授乳中も使っていいのかな?」

「卒乳後おっぱいが垂れるって本当!?今のうちからバストケアをしておかなきゃ!」

授乳中のママさん、こんなお悩みや心配を抱えていませんか?

妊娠、出産は、女性の体が人生の中で一番大きく変化します。

妊娠すると月を追うごとにバストが大きくなり、臨月から出産直後には妊娠前より2カップほど大きくなり、卒乳すると元のサイズに徐々に戻っていきます。約1年半くらいの短期間の間にバストはまるで風船が膨らんでしぼむような変化をするのです。

特にバストの状態で心配なのは、授乳中に赤ちゃんが力強くおっぱいを吸う刺激で、バストを支えているクーパー靭帯が伸びたり切れてしまうこと。

クーパー靭帯とは、バストと大胸筋をつなぐワイヤーのような役割を担う束上の繊維で、コラーゲンでできているため一度損傷すると元に戻らないという特徴があります。

そのため、授乳期は大きくなったバストを支え、授乳以外でクーパー靭帯に刺激を与えないバストケアが必要なのです。

ですが、マタニティブラや授乳専用ブラのほとんどはバストケアまでできないものが多いのをご存じですか?

なぜなら、母乳をつくる乳腺を刺激しないように締め付けを避けた緩いカップであることや、スムーズに授乳できる形状を目的として作られているからなんです。

「じゃあどんな授乳ブラを選んだらいいの?」と迷われているママさんにおすすめなのがジニエブラです。

ジニエブラは授乳を目的として作られていないので、授乳専門ブラのような使いやすさは正直ありません。

ですが、とても伸縮性がある生地のため伸ばしても元に戻りますし、伸ばした後はまた体にフィットする素材なのでホールド力もありバストを支えてくれます。

授乳中のママさんに是非試していただきたいブラです♪

ジニエブラの口コミはこちら

ジニエブラで授乳/授乳ブラに適した特徴とは?

妊娠前に当たり前に着用していたワイヤー入りブラや締め付けるタイプのブラは使用できまくなります。

なぜなら、妊娠するとバストは前へ前へと高くなるのではなく、バストの下半分から脇へと大きくなり外側に開いていく傾向にあり、乳の分泌を担う乳腺が発達することで脂肪もつき重さも増します。

ですから、妊娠前に使用していた通常のブラでは形が合わなくなり、サイズもきつく圧迫感を感じるようになります。

バストの形をキレイに魅せる目的で作られているので授乳の形状には適しておらず授乳がしずらいのです。

授乳は日中だけではありません。1日に10回以上、深夜寝ている時もいつでもどこでもグズる赤ちゃんをあやしながら授乳をしなくてはいけないので、肩紐をずらしてホックを外すなどの手間は正直しんどいですよね。

サッとずらして授乳できるものがママにとってはありがたく便利です。

でも、ブラトップやマタニティブラみたいに楽チンなだけでは、大きくなったバストのクーパー靭帯を守るには物足りないのです。

授乳期に適していて、かつクーパー靭帯を守るバストケアできる授乳ブラに適した特徴を説明していきましょう。

授乳ブラに適した特徴1 授乳しやすい形状

授乳ブラの最大の特徴は、なんといっても授乳のしやすさにあります。

お出かけ先のショッピングモールでお買い物をしているとき、家族でドライブしているとき、ママ友のおうちでお茶をしているとき。

赤ちゃんの授乳タイムはいつどこでおこるかわかりません。

そのため、授乳口もある服や授乳ケープの下からサッとバストを出せる形状のものが適しています。

クロスオープンタイプ
バストの前で浴衣のように生地がクロスしているタイプで、クロスした記事を下の方に下げればバストが出てくるタイプ

ストラップオープン
ブラカップとストラップのつなぎ目にホックがついていて、ホックを外すとカップがめくれてバストが出せるタイプ

フロントオープン
フロントホックの部分にボタンがついていてボタンを外してカップを開くタイプ

ウィンドウオープン
カップが二重構造になっていて、ストラップとカップのつなぎめにホックがあり、そのホックを外すとカップがめくれ、内側にバストトップの部分が窓になっているタイプ。

市販されている授乳ブラの形状は大きく分けて4つのタイプがあります。

この4つのタイプの中で、ママさん達の使用率が高いのはクロスオープンタイプのものです。

授乳ブラに適した特徴2 乳腺を圧迫しないカップ

授乳期のバストは前へ前へと高くなるのではなく、バストの下半分から脇へと大きくなり外側に開いていく傾向にあり、乳の分泌を担う乳腺が発達することで脂肪もつき重さも増します。

そのため、カップにワイヤーが入っていたり、伸縮性のない生地だとバストを圧迫してしまいます。

バストが圧迫されると、授乳に向けて発達した乳腺も圧迫されるので乳腺炎の原因になったり、血流やリンパの流れも悪くなるので、母乳の出具合にも影響してきます。

そのため、ノンワイヤーでカップにも伸縮性があって、バスト全体を包み込むような面積があるものがのぞましいでしょう。

授乳ブラに適した特徴3 バストを支えるアンダーとストラップ

授乳期のバストは妊娠前より2カップほど大きくなっているので、それなりの重量感があります。

授乳のときは、赤ちゃんを横抱きにし、前かがみになって授乳。

あやすときやお出かけするときに抱っこ紐で抱えなくてはいけないため、肩への負担が大きいです。

姿勢も悪くなるとバストの下垂につながりますし、クーパー靭帯が伸びる原因にもなります。

そのため、バストを支える幅広のアンダーと、アンダーで支えたバストを上に引き上げ支えても肩にくい込まない幅広のストラップの形状だとしっかりバストが支えられます。

授乳ブラに適した特徴4 母乳漏れを防げるパッド付き

授乳期は乳腺が発達しているため、授乳中以外でも母乳が漏れ出てしまうことがあります。

そのため、パッドがあると外側ににじみ出ることを予防できます。また、パッドは取り外しができるものが衛生的でいいでしょう。

あと、パッドがついていることを推奨する理由に、妊娠から授乳期は乳頭大きくなり敏感になるため、過度にこすれたりするのをさけるためパッドがあると安心です。

授乳ブラに適した特徴5 バストケアができるか

バストを支えているのはクーパー靭帯だというお話はしましたね。

体を起こした状態でバストにかかる重力や揺れから守ることでクーパー靭帯の損傷を守ることはバストケアになります。

でも、多くのマタニティブラや授乳ブラは、仰向けで寝ている時に四方にひろがるバストの流れや、横向きで寝ているときのバストの横流れの刺激にまで対応しているものがなかなかありません。

バストケアは日中だけでなく、夜寝る時もしてあげることが大切です。

卒乳したあとに、バストがしぼみ形が崩れていたなんてことは避けたいですよね。

そうしたら、授乳もバストケアも同時にできるブラを早めに着用することをおすすめします。

ジニエブラの口コミはこちら

ジニエブラで授乳/大きいサイズはどこまである!?

バストは臨月までに妊娠前より1~2カップほど大きくなるのが目安です。妊娠5ヶ月で妊娠前の1カップ上、6カ月ころから臨月までさらに1カップ上というイメージで大きくなります。

アンダーサイズに関しては、5cmほどアップすると言われています。体重の増加によってはもう少し変わるかもしれません。

サイズを間違えると効果が発揮されないので、まず変化したバストの状態をはかる必要があります。

できるだけ素肌に近い状態ではかりましょう。そして、できるだけバストが張っていない授乳後のタイミングではかってください。

アンダーは、バストのたわみのすぐ下で、トップは乳頭の位置です。鏡を見てメジャーが水平になっていることを確認して、アンダーは軽く息を吐きながら、トップは軽く息を吸いながらはかるとより正しいサイズがまくはかれますよ。

ジニエブラは、サイズが豊富でS・M・L・LL・3L・4L・5L・6Lまであります。個人差があるので、できれば妊娠初期・中期・後期でバストサイズをはかり、変化をみながら買い替えていくことが理想的です。

ジニエブラのサイズについてはこちら

ジニエブラで授乳/授乳の仕方はどうしている?

ジニエブラは、授乳ブラ専用に作られていないので、授乳しやすい設計にはなっていません。

授乳ブラとして使っている愛用ママさんがたくさんいて口コミをみると高評価でリピート率がかなり高いんです。

実際にジニエブラを愛用しているママさん達のレビューでは、アンダー部分を上にずらして使う方法と、肩紐を肩から少しおろしてカップを下にさげる方法があります。

どちらの方法でも、伸縮性がよい生地なので戻すと体にフィットしてくれます。

乳頭の高さと赤ちゃんの頭の高さが同じところにくるように、赤ちゃんの体を自分の方に向ける体勢に整えて、顔を見ながら授乳をさせるとよいですね。

浅飲みになると乳頭に裂傷ができやすくなるので、しっかり口に大きく含んでいるか確認しながら授乳させることが大事です。

そう考えると、ジニエブラのアンダーは幅広でしっかりしているので下からあげると少しキツイかもしれません。肩から肩紐をずらしてカップをおろすほうが、赤ちゃんの顔を見ながら授乳できるので楽チンでおすすめです。

ジニエブラの口コミはこちら

ジニエブラで授乳/ママ達からの評判は?

ジニエブラを授乳ブラに使っているママさん達からの評価はかなり高いです。

ひよこクラブ、CHANTO、saita、anan、美人百花と多数の雑誌でも取り上げられています。

妊娠中からマタニティブラを使用していたものの、締め付け感なく楽チンだけど、ホールド感がなくてバストがゆらゆら動いてしまって不安定で形が崩れてしまうことに不安を感じたことからジニエブラに切り替えるママさん多数なんです。

適度なホールド感とシンプルなデザインで伸縮性がある生地なので、バストを頻回に出し入れしても生地がのびることなくフィット感を保ってくれます。

また、大きくなったバストに対応できる豊富なサイズ展開と、乳腺や乳頭を刺激しないカップ構造であること。

ナイトブラとしても使えるので、あおむけ寝や横向き寝でバストが流れてしまうことを防げます。だからバストの形をキレイに正しい位置でキープができますし、夜間の授乳にも楽チンです。

ジニエブラはかなりリピート率が高く、授乳期が終わってからもナイトブラとして使い続けるママがたくさんいらっしゃいます。

家計をにぎるママさん達ですが、価格に見合った効果や使い勝手がよいととても満足しているという意見が多数あがっていました。

ジニエブラの口コミはこちら

ジニエブラで授乳/ユニクロとどっちがおすすめ!?

実は、私も妊娠中にユニクロのワイヤレスブラリラックスを使っていました。

生地は薄手で着け心地は軽く、伸縮性もあって楽チンでした。でも、ホールド力が弱くバストがカップの外に流れやすく、家事をしたり体を動かしているとバストの下半分がはみ出していたこともあったりして、だんだんバストの形が崩れてきたのを感じました。

ママさんたちの口コミでも、授乳期のバストを支えるにはホールド感が弱いと感じるというお声が多数あがっていました。

バストケアもできる授乳ブラに求めたい特徴「肩紐の幅・アンダー・カップ」と値段で比較してみたいと思います。

ジニエブラ ユニクロワイヤレスブラリラックス
肩紐の幅 約3.5cm

肩への食い込みを軽減・ずれ落ち防止・脇高で横流れ防止

約2cm

伸縮性がある薄手の生地のため食い込みは浅いが肩紐自体が伸びて支える力が弱い

アンダー 幅広ゴムで下流れをブロック シームレスタイプで境界線はない
カップ 中央に向かって厚みを持たせ高低差をつけたオリジナルパッドでバストラインを下からグッと持ちあげる。 均一な厚みの薄手のパッドで軽いつけ心地
値段 3枚セットで1枚あたり1865円(税込) 1990円

どちらも着け心地という点では良いと思います。でも、バストを正しい位置にキープできるホールド力に関してはジニエブラの方が機能に優れています。

また、値段もまとめ買いをするとジニエブラの方が安くなります。

耐久性をキープするためにも、洗い替えでも枚数が必要なので、まとめ買いでお得に安く家計も美バストも守りたいですよね!

ジニエブラの口コミはこちら

ジニエブラで授乳/まとめ

ジニエブラが授乳ブラとして使えるか、授乳期の大きくなったバストに対応でいるサイズはあるのかなど、様々な視点でみてきました。

ジニエブラは、ノンワイヤー・ノンホックで不自然な締め付け感がありません。

幅広のストラップで肩への食い込みを避け、脇高設計で横流れ防止、幅広アンダーで下流れも防止。生地も伸縮性の高い360度立体編みでバストにフィット。独自のパッドでバストを持ち上げ正しい位置にバストをキープしてくれます。それにまとめ買いをするとコスパも良し!!

妊娠・出産・産後・授乳と体の変化も著しくママは本当に大変です。

時間問わず1日に10回以上の授乳は体力勝負です。

ジニエブラは、授乳専門ブラではありませんが、しっかりバストケアをしながらママも赤ちゃんもストレスなく授乳できるブラとママさん達から人気の高いブラです。

ジニエブラの口コミは、そんなママさん達からの評価で溢れています。

市販のマタニティブラや授乳ブラでホールド感の物足りなさやバストケアに不安を感じているママに是非おすすしたいブラです。

ジニエブラの口コミはこちら

ジニエブラのサイズはこちら

ナイトブラおすすめランキングを見てみる


バストアップランキング

リンクリックブログランキング

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました